「和」の日記

マクロビオティックキッチン「和」のまいにち
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

Profile


「むすひ」ホームページ
↑元サイトはコチラ↑

むすひONLINESHOP
↑1周年ありがとうございます↑

検索窓 ↑ブログ内の記事を検索できます↑

Category

Archives

Links

Comment

げんぱつくんさよなら!

Other

<< 講演会 | top | マクロビオティックをやって変化したこと >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2013.12.18 Wednesday | - | - | -

マクロビオティックはお金がかかるか否か

 


昨日は暑かったですねー。

梅雨が明けたら毎日あんな感じなんでしょうね〜^^;


ユーストピア佐伯での講座2回目(最終回)は食事の目安となるバランスシートと、体を緩める食べもの、引き締める食べ物のお話。

調理は

ひよこ豆入り玄米ご飯
大豆からあげ
ひじきと野菜のサラダ
具だくさんスープ
オムレット(皮に対して中の具が多すぎて皮がかぶせられなかった^^;)

を作りました。

スープが皆さん驚きの甘さだったようで、おいしいぃおいしぃと飲み干されていました。
ただ、ミネストローネとご紹介したので、日本で一般的なトマトベースで酸味のあるスープを想像しておられた方も多く、イメージと違ったという方も(申し訳ありません)
はじめから具だくさんスープ(=ミネストローネ)と書いておけばよかったです。

サラダも味がしっかりしていて、これならあまり得意じゃないひじきも食べられるという感想もありました。

スープにはごぼうも入れていたのですが、ごぼうやひじきなど、和のイメージで普段あまり使わない食材も、煮物以外に使うことで食べやすくなるんだとわかったという感想もありました。

ぜひぜひ、ご家庭でもどんどん利用してもらいたいですね。

豆腐クリームもとっても好評でした。
生クリームはダメだけど、これは、あっさりしてるけどちゃんと甘くておいしいと評価していただきました。この方はお肉も嫌いだそうで、マクロビオティックの食事はすごくあってると思うとご自分でおっしゃっていました。

はじめての方を対象にした講座でよく言われることは、マクロビオティックはお金がかかる(イメージ)ということ。
調味料など本物を選ぶことをお勧めすると、「主婦としては…」とか、「うちでは無理」ということを言われることがあります。
決まった生活費の中でやりくりするのが主婦ですし、それぞれの家庭で予算は違うと思いますが、予算内で納めるのはとても大切なことですね。

いつも、お伝えするのは、調味料一つ一つのお値段は高いけれど、マクロビオティックの味付けの仕方を見てもらえば分かるように、今回のスープでも11人分の量で使った調味料は塩小さじ2と豆味噌小さじ1だけです。
素材の味を引き出したり、いかしたりするための調味料であって、調味料で味をつけるという使い方ではないので、そんなに量を使うわけではありません。
本物は少量でもいい仕事をしてくれるので、そんなに使わなくても大丈夫という面もあるでしょう。

でもいつも思うのは、値段が本当に高いのか?という思いです。
本物の調味料は使われている材料、製造方法、発酵にかける年月、関わる人の想いや、努力というものを思うと、決して高くないと思うのです。作ってくださっている方々はきっと、大儲けなんてしてなくて、ギリギリのところで頑張ってくださっていると思うからです。
逆に、安くて手軽に買いやすい商品は、材料は訳あって安いもの、機械化され人件費はかからず、量は水増しされ、味や色は添加され、簡単に安易に作られているものも多く、会社としての利幅は大きいのでしょう。

調味料は味をつけるだけでなく、発酵食品としての一面もあります。
いろいろな微生物の働きで、大豆などが分解され旨みを醸し出しています。
それら微生物の働きは人の体に入った時にわたしたちの腸の中でも働くのです。
食べた物を分解して発酵させていく力となるわけです。いいものを食べても、分解できず、そのまま外へ出してしまっては結局何の役にも立たない(おなかをいっぱいにするという欲望を満たすことはできるかもしれない)けれど、腸の働きがいいと、食べた物は血液になり、わたしたちの体や考え方を作りだしてくれます。
だから本物の発酵食品(調味料)を使うということは、とっても大切なことだと思うのです。
熟成された調味料を食べるということは、人間の熟成にも役立つと感じます。

そうやって、体を健康にして、考え方も成熟していくと、きっと生活はがらっと変わるのではないかしら?
今まで必要と思っていたものが不必要になってきたり、好みが変わったり…。

今のわたしの生活では、テレビや新聞の折り込みチラシで宣伝されているものは何一つ必要ないです。

たとえば、コマーシャル多いけど癌保険もいらないと思ってるし(夫がなんか自分で入ってかけてるけど、正直必要ないと思ってる)、生理用品もいらないし、デオドラント製品もいらないし、柔軟剤もいらないし、合成洗剤も使わないし、薬も使わないし……、ほかに何があるかなー?

という感じで、食材にお金はかかっても(一つ一つはいいお値段だけど、お肉もお魚も卵も、チーズも、ドレッシングとかタレとかも買わないから、トータルは変わらないんじゃないかな?)生活雑貨やそのほかいろいろと無駄を省いてシンプルになっていくと考えると、生活費の予算内で収まると思うんだけどなー。

たとえ今までよりちょっとお金がかかるようになったとしても、家族や自分自身が健康でハッピーに暮らせるようにするのも賢い主婦といえるのではないでしょうか。

とはいえ、ピンと来るものがないと、一歩踏み出せないものだと思います。
わたしは、マクロビオティックのことを知った時、これだ!これしかない!っておもいましたもの。
やってみたらその通り、そして自分で思っていた以上のおまけもたくさんついてきました。

わたしも、皆さんにピンと来てもらえるようなお話ができるようになりたいなと努力していますが、まだまだ力不足で……。
でも、いつか本当に必要になった時とか、ピンとくる瞬間のためにも、頭の片隅に残っていたり、思い出してくださったらいいなー。


また、マクロビオティックをやって変わったこと(体、体調、思考などについて)も書いてみたいと思います。







 


いつもクリックありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへ
にほんブログ村
2011.06.26 Sunday 05:21 | マクロビオティックをやって変わったこと | comments(2) | -

スポンサーサイト

2013.12.18 Wednesday 05:21 | - | - | -
コメント
その存在を知っていればピンと来る日ってあると思います。

私自身、マクロビという言葉を聞いたのは10年くらい前に大学のサークルの先輩がリマで調理助手をやっていて、イベントの案内をくれたからでただの食いしん坊根性で行っていたのですが、その時にはこれだっていうのはありませんでした。

全く別の理由で布ナプを使い始めたのもその頃でしたけど、実家だったので洗剤に気を遣うところまでは全く想定していなかったです。

広島に来て主婦になって時間ができたり子どもができたりして初めて食に関心が行って、それでようやくマクロビとか本当にオーガニックな生活を意識することになり、100%ガラリとかえられるわけではなかったけど、ひとつひとつ気がついたところをゆるやかに改善していこうと思えています。

少し前までは、食費を切り詰めてはドラッグストアでいらないものまで買い込んでいましたけど、今ではドラッグストアで買うものってほぼないからその分が食費にまわってトントンなのかなという感覚です。まぁ、フトコロに余裕がないのはかわらないですけど(笑)

気持ちの面もマイナス思考だったのが前向きになったと思います。いいかげん窓と網戸の掃除しなきゃと憂鬱になっても、じゃあ、子どもと水遊びしながらやればいいかなと思えたり…

仕事に未練を残したまま広島に来て結婚し、たぶん今までなら絶対にグズグズ引きずっていたと思うんです。本当に今の生活で幸せと思えるのは、マクロビを含めいろいろな出会いがあったからだと思います。そして子どもの存在がそうさせてくれたのだからつくづくありがたいものです。
おにぎりまる  at 2011.06.27 Mon 06:01
おにぎりまるさん

いろいろと書いてくださってありがとうございます。
ひとそれぞれ、いろんな形がありますね。
どんな形であれ、日々、幸せだなーとしみじみかみしめながら生きていけることは、本当にラッキーですよね。

決してお金持ちになったわけでも、容姿が極端に変わったわけでもないけれど、幸せのコツをつかめたおかげで人生が何倍も楽しくなっていると思います。
わい  at 2011.06.28 Tue 02:07
コメントする