「和」の日記

マクロビオティックキッチン「和」のまいにち
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

Profile


「むすひ」ホームページ
↑元サイトはコチラ↑

むすひONLINESHOP
↑1周年ありがとうございます↑

検索窓 ↑ブログ内の記事を検索できます↑

Category

Archives

Links

Comment

げんぱつくんさよなら!

Other

<< 2013年06月26日のつぶやき | top | 2013年06月27日のつぶやき >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2013.12.18 Wednesday | - | - | -

女性であることを喜べていますか?

 
みなさん、毎月の生理を楽しく迎えていますか?




わたしは、その時が楽しくって仕方がないということはありませんが、それ以外の日となんら変わらない状態で過ごせているというのは楽しく迎えられているのだろうなー。


思い起こせば、学生のころは生理が重くて、腰のあたりがいつもだるい感じでした。
量も多かったので漏れないかどうかいつも不安で休憩時間ごとにトイレに行ったり、
寝るときなんかナプキンを何枚重ねていたことか…。

わたしは食事を変えることでこれらの不調や不快な状態はなくなっていったのですが、
なんとケミカルなナプキンを布ナプキンに変えただけで、生理痛がなくなった経験がある方もいたりして、布ナプの力侮れないのです。


マアルの櫻木さんに言わせると

「食事を自然食にしても
オーガニックにしても、
ヨガを日常にしても
山ガールで山にゴミを広いながら登ったとしても


ケミカルナプキンを使っていたら、

本当にもったいないなあ、と思うのです。



なんというか、

ケリーバックを持って、安いヒールで歩いているギャルのような、

高級なお寿司屋さんなのに、板前さんが七三分け、みたいな


美脚な美女なのに、座ったら膝が開いちゃう、みたいな、、」


だそうです(笑)


マアルさんのお客様にも、
内膜症、筋腫、感染症、生理不順、生理痛、不妊症、、、ほか、
たくさんの体の不調を、あげるかたがいらっしゃるそうです。


具体的なトラブルではなくとも、


「オンナってめんどくさい」とか
「生理なんてなければいいのに」とか

女性性を否定する思考の方もやっぱり多いとか。


以下、マアルさんのブログから抜粋させていただきました。

****************************


「汚物」として、「汚物入れ」に毎月紙ナプをポイっと捨
ててしまうより、
下着を洗う感覚で
ちょっと自分の排泄したものを目にする機会があれば
おりものの色、
生理の経血の質、
などの変化にも気がつきやすいんです。



毎月、まあそれはそれは見事に
月経〜排卵日〜月経までのサイクルに
体全体が連動されていて

イケイケモードになったり、
イマイチモードになったり
お目々パッチリになったり、
むくんでイマイチ子になったり。


だって、
お宮さま、ですから。

司られていますよ、私たち。



大切にしましょう。



何かの事情で、子宮を無くした人も、
かつてそこにあったお宮は、
女性としての心の中に生き続けているもの、だと思うのです。


子宮があっても、
男並みの仕事をして、
男性と同じサイクルで頑張って生きている人も、

時に
子宮のことを思い出してあげて
両手を下腹にあててぼんやりしてあげて。

*********************************


ということで



経皮毒の話、
骨盤のお話、
ホルモンと心の話、

まで飛び出すふかーい深ーいお話になる事でしょう。


わたしもとっても楽しみです。


お申込みお待ちしております。




講 師:marru 代表 櫻木直美さん

日時:7月19日(金) 10:30〜12:30

参加費:500円

定 員:30名 ※お子様連れの方もお気軽にお越しください。

場 所:むかしと今が出会う家 むすひ
     広島市安佐南区沼田町大塚493
 
*終了後ご希望の方にはランチ(1000円)もご用意できます。
お申し込みの際にお申し付けくださいませ。

お問い合わせ・お申込みは

cooking-wa@fa.petit.cc

まで。












2013.06.27 Thursday 03:50 | 自然派 雑貨 | comments(0) | -

スポンサーサイト

2013.12.18 Wednesday 03:50 | - | - | -
コメント
コメントする